起業では潤滑屋の存在が重要?

投稿者:Goda George
2019/11/10 00:00

名著との声もあがる「何がベンチャーを急成長させるのか」において起業においては潤滑屋の存在が重要であるとあります。せっかくの機会ですので、メモ的にまとめておきます。この本に関して少しまとめた解説がありました。「ベンチャーを急成長させる「滑業家」という役割」です。さらっと理解するには良いのではないかと。

経営チームは重要だと思います。一般的に、どうしても創業者(数名いたりもしますが、一般的にはCEO)に注目が集まります。これは仕方ないとは思いますが、実際の会社は多分、この潤滑屋がいないとうまく回らない。

様々なトラブルが常に続くこと、それは自分たちがベンチャー企業(スタートアップ企業)であるということである

・・ということかと思えます。後は、それが後々考えると、キラキラしていたであろうということでしょうか。

CEOなのか、それに準ずる人はどうしても方向性を示す必要があり、全体を引っ張る必要があります。そうすると、どうしても内政側との軋轢が生まれます。これは仕方がない。このため追従的起業家(潤滑屋的存在)は重要になると思えます。

過去の企業においては、(自分がそうだったかはわかりませんが、、)、CEOは株主価値最大化(最近はこの株主第一主義の行動は批判されてますが、いずれにしろ、VCの期待には応えないとならない)、バイアウトに向けて突き進む、これはチームメンバーの幸せ、行動とは必ずしも一致しない。ときに、方向を大胆に変えると、当然、既に仕掛っていた仕事を大幅に変更するチームメンバーはたまらないでしょう。となると、ここには潤滑屋が必要だと思います。

今の会社ではどうか。ビジョンがあって、これを譲ってしまうと、どうしても、弱くなる。当然、忙しければチームは効率化したがる、しかし、効率化すると弱くなる部分もある。このせめぎ合いですね。この必ずしも一致しない志向をどうやってうまくリンクさせるか。

簡単にいえば、目標を定めて組織を引っ張ることと、それを達成する組織の利害?というか、時間軸、揺れ幅などは一致しないので、どうしても軋轢が生じますね。ここには潤滑屋(特にCOOともいえますが、肩書というよりはそういう存在ですね)が必要ということだと思います。

ただ、このベンチャー企業(スタートアップ企業)を行っているということは何にも代え難い喜び(多くの場合後々そう思うのですが!)であるともいえますね。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事