海外のイノベーションレイヤーの人のハイスペックの凄さ

投稿者:Goda George
2020/04/01 00:00

少し前になりますが、アメリカのワシントンDCでStartup Studioの業界団体の集まりがあり、参加してきました。

驚いたのは周りの人のスペックの高さです。

私は一応、大手とスタートアップのバイアウトチームにいて、修士号は(有名大学ではないですが・・・)は2つあります。日本ではまー、良いほうかもしれません。

アクセラレーターの集まりと違って、Studioの集まりは、ちょっと人の層が違います。アクセラレーターはどちらかというと既にバイアウトしたお金持ちが多く、Studioも似ているんですが、コンサル出身で一回、起業した人が多そうです(あるいは弁護士とか)。アクセラレーターが西海岸系、Studioが東海岸系という感じでしょうか。

さて、ちょっと隣の人に話を聞くと、ハーバード出て、その後は連続起業家。そこそこのバイアウト実績の持ち主とか。ハーバード出て、スタンフォードのMBA出て、博士号もあって、いわゆる大手戦略コンサル出て、起業して、バイアウトして、英語も中国語もペラペラで、、とか。フランスのトップMBA校出て、その後、コンサルして起業してとか。

ちょっと意地悪に、有名コンサルとかしたら頭でっかちにならないのか?と聞いたら、起業すればそんなもんはすぐに吹っ飛ぶと。完全にコンサルは起業のための実践学校(ある市場に関して短期間に学べる)の扱いで、2−3年したらすぐに起業という感じでした。そして、バイアウトなどでExitし、その後にSartup Studioを行う感じです。

これで、いわゆるイノベーションレイヤーでは高い方ではないというところですね。

日本人が素材として劣っているとは思いませんが、欧米のイノベーションレイヤーの人々の行動量、経験量、学歴量は凄まじい。世界はこういう人がイノベーションレイヤーだという現実を突きつけられました。

我々はどうしたら良いのか?と考えます。普通に頑張っているでは難しいんです。非連続しかない。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事