【01Blog】大阪イノベーションハブから日本の革命は始まる!? / NTT西日本・コトの共創ラボ・オープンイノベーションフェスティバル Day2

投稿者:Goda George
2014/09/07 01:32
これは小さな一歩かもしれないが、日本にとっては偉大な一歩になるかも知れない 〜大阪から世界へ〜 "That's one small step for man, one giant leap for mankind." この一歩は小さいかも知れないが、人類にとっては偉大な一歩である。 アームストロング船長(アポロ11号)の名言を少し大げさであるとは思いますが、思い出しました。 世界では大企業がスタートアップや中小企業と協力してオープンイノベーションを興す取組が進んでいます。IntelドイツテレコムフランスBARCLAYSTechStars、圧巻は最近日経新聞にも特集されていたディズニーアクセラレータです。関連企業が集まって産業そのものを盛り上げてしまう取組です。その理由は途上国の経済発展が激しく、市場の動きが早くなりすぎたため、社内リソースでの新規事業対応が困難になったことにあります。日本もこの流れに対抗して(時には協力して)行かなければ本当に沈んでしまいます。コトの共創ラボはその先駆けたる動きとなると思っております。今回は、コトの共創ラボの最初の取組であるNTT西日本さんを中心としたオープンイノベーションフェスティバルです。NTT西日本さんの今回のイベントはシリーズに2回行われ、事前のアイデアソンは2014年8月30日に開催されました。大阪イノベーションハブさんも企画に協力され、HackCampの矢吹さんの名ファシリテータで進行されます。今回は第二回目の審査会になります。 全てはここから始まります。 大阪イノベーションハブさんの意気込みもすごいです。素敵なTシャツですね!まさに日本の産業にイノベーション革命を興す気合たっぷりです。 大坂イノベーションハブの革命児の角さん 大阪イノベーションハブさん、NTT西日本さんの手で準備が進んでおります。 会場の設営や下準備を行う大阪イノベーションハブとNTT西日本の皆さん 事前のスケジューリングに余念のない矢吹さん(HackCamp)と片岡さん(NTT西日本) 左:片岡さん、右:矢吹さん 受付の中澤さんと表彰用のグッズを用意する内村さんと石倉さん。気合が入ってます。 本日、審査員のニフティ経営戦略室長の神保さん、博報堂の宮井さんもいらっしゃいました。 左から片岡さん(NTT西日本)、宮井さん(博報堂)、神保室長(ニフティ)、角さん(大阪イノベーションハブ) サイバーのクラウドファンディングのMakuakeの木内さんもいらっしゃいました。 左:木内さん、右:オーラ鈴木 さて!13:00になりましたので、HackCampの矢吹さんの名ファシリテーションでNTT西日本さん/コトの共創ラボのオープンイノベーションフェスティバル審査会の開始です。かなり人が集まってます。 最初は大阪市経済戦略局 吉川理事のお話から始まりました。大阪の産業振興に関して非常に熱いお志を感じるスピーチです。感動しました! 二番目はNTT西日本さんのビジネスデザイン部 山本部長です。大阪から産業を興す!NTT西日本さんの地場を盛り上げる意気込みを感じます。最高です!そうです。日本の産業復興の鍵は東京ではなく大阪にあると私も思うのです。 三番目は博報堂の宮井さん。コトの共創ラボの仕掛け役です。コトの共創ラボの概要に関して説明です。優しいお方ですが、心に炎を持つ日本を変える熱き志士です。 審査員も豪華です。大阪市経済戦略局 吉川理事、NTT西日本のビジネスデザイン部 山本部長、アライアンス推進 徳升室長、広報 秋山室長、ニフティ 経営戦略 神保室長、博報堂 宮井さんです。何かが大阪から起きそうな気がするメンバーです。お召し物も素敵ですね! 各チーム(1チーム病欠のため計9チーム)5分間のピッチ大会の開始です。 5チームの発表が終わったところで一回休憩。休憩時間に人の交流が進んでおります。今回は、大阪、京都、福岡、東京から人が来ておりますので、日本を横断したネットワーキングになります。良い機会ですね! さて!休憩も終わって後半戦の発表の開始です。 笑いあり、涙あり(?)の発表が終わった後は、審査員の方々は別室に移動し、クラウドファンディングの説明をサイバーの木内さんから頂きました。 続いて大阪イノベーションハブの角さんから大阪からイノベーティブな商品・サービスを生み出すための継続的な取組に関して説明がありした。今後も熱く支援をして行きたいと。いいですね! 審査結果の発表です! まずは、スマート光賞はアプロ総研さん!おめでとうございます! アライアンス賞はWaranteeさん!おめでとうございます! 特別賞はNTT西日本の広報室長の推薦でHuman Noteさん!おめでとうございます! 最優秀賞はグリーンコンチネンタルさん!おめでとうございます!NTT西日本さんの社員さんもDay1で参加で一緒に案を練りました!まさにコラボレーションですね(コトの共創)。 講評はNTT西日本の審査員の方々から頂きました。 01Boosterはオーラ鈴木の方から01Boosterの説明と副賞に関してご説明させていただきました。 皆さんで記念撮影!日本を変える息吹を感じますね。 皆様ありがとうございます。今の日本には「」が必要なんです。どれぐらいの人が今「ワクワク」した日常を送っているのでしょうか。日本の大企業も中小企業も行政もスタートアップもアカデミアも、皆が協力しあって、世界を変えましょう。そんな「」を01Boosterは見ています。 Stay Hungry, Stay Foolish...   NTT西日本の革命児「豊臣軍団」の皆様、運営お疲れ様でした!
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事