【01Blog】広がるMOOCs(Massive Open Online Courses)に関して

投稿者:Goda George
2014/11/13 17:27
言語の問題はあれども広がるMOOCsの世界 10年で消える職業、なくなる仕事というエントリーが最近話題になっておりました。その中に出ていたMOOCs。興味がありますね。簡単に言えば大学のオンラインコースの集まりといったところです(Massive Open Online Courses)。こちらに簡単なビデオがありますので単なるオンラインコースの集まりではないということで参考に。 https://www.youtube.com/watch?v=eW3gMGqcZQc#t=13 話は飛ぶもののTechStarsのような事業創造アクセラレーターでは採用されたベンチャー企業にオフィス提供というのが必須となっており、リアル(実際にFace to Faceで会うこと)が重要視されております。もちろん、デジタルだけではダメで、リアルが重要というのはその通りではあるんですが、一方でこのようなMOOCs的な動きも頭っから今一歩と思ってしまっては文化自体が変化する可能性は過去にたくさんの例がありますので時代を見誤りそうです。また、MOOCsが出てくることでリアルにしろ新しい教育の形が始まるかも知れません。 こちらに独立法人である大学評価・学位授与機構がまとめた資料があります → no17_mooc MOOCsに関してはこのブログが詳しく記載しております。ここにはTopのMOOCsのサービスがあります。もちろん、修了率が低いなどの問題も指摘されておりますが、教育以外の企業にとってみれば新しい市場機会であり、既存の大学にとっても一つの大きなチャレンジになります。 大きな話としては、単純にオンラインのコースというのではなく、いわゆる集合知の活用が可能というものですね。この部分は大きい気がします。勝手に知見が増殖しますので。コミュニティ価値もありますね。 コースとしては4年生のDegreeが30%、修士課程が30%と二分しております。下記のInfographicはMoocsがまとまっていますのでざっくり理解するのに良いですので参考に。 Print
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事