【01Blog】一言で言えば、去年と違うことをやっているかどうか?

投稿者:Goda George
2015/07/21 04:08

去年と違うことをやれていますか?やってますか?

前回、会社の中で本当にやることはあるのか?という題でブログを書いてみました。時間のかかる産業もありますので、数年間という単位を必要とするタスクもあるでしょう。人には志向がありますので、必ずしも成長を求める人ばかりではありません。

しかしながら1年前とやっていることが変わらないというのはどうでしょうか?

01Booster

多くの成長される、将来性のある方は同じことをやっていても1年前とは大きく変わっているのではないか?と思えるのです。これは起業されていたら当然ですが、会社内でも。

みずから未来をつくることにはリスクがともなう。しかし、みずから未来をつくろうとしないことのほうがリスクは大きい。by ドラッガー

石の上にも三年という言葉もあります。なので、一つのことをやり続けるという価値が有るのも十分理解しながらも、その3年でどれだけ成長(変化)しているか?だと思います。同じことをやっていても去年と今年では違う自分である必要があると思います。小生のような超スローモーションのような人間でも下記ぐらいの変化はあります。もちろん、これももう、亀のように遅いと感じてます。

  • 2010 大手部品メーカー退社
  • 2011 自社ITベンチャーが買収
  • 2012 買収先退社 / 海外展開系サービス開発(現在頓挫)/ 01Boosterのシェアオフィス機能立ち上げ
  • 2013 インバウンド・コンテンツ系サービス等々立ち上げ(現在頓挫) / 起業プログラム01Dojo立ち上げ
  • 2014 01Boosterコーポレートアクセラレーター立ち上げ
  • 2015 01Booster コーポレートアクセラレター・投資、行政系との連携
  • 2016 01Booster コーポレートアクセラレーター海外拡大予定

 

浮き沈みは当然あります。自分のビジネスに関わらず、景気も変動します。しかし、去年とは違う自分である必要があると思います。

変化はコントロールできない。できることは、その先頭にたつことだけである。by ドラッガー

人に目をキラキラさせながら去年と今年の変化を語れないのであれば、今こそ、その変化を求めて立ち上がる時かも知れません。仮にそれを自分が志向しており「生きている」と言いたいのであれば。

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事