01Blog / 01B卒業生、全米4位のMr SHISHIDO「伝説は自分の創る限界の向こう側にある」

投稿者:Goda George
2016/03/10 00:00

01Boosterの卒業生であるFOWの宍戸CEOが「来日(現在はシンガポール在住)」された。立上げ当初、国内での記録的大惨敗から地獄の縁を彷徨い、01Boosterに来て、誰も飯を食っている姿を見たことがない宍戸さんです。妻にもらったビニールに入れられたお菓子を持っているぐらいです。

その軌跡はこちらこちらを。

まさに、どん底です。そこからの復活劇、現在は全米4位のTCGベンダーです。世界中でFOWファンを熱狂させております(下は海外でFOWのファンで満杯になるTCGゲーム会場)。

そんな宍戸CEOの話を幾つかまとめておきます。


自分の中に限界を創らない。

多く人が限界を創るのは自分自身です。ここまでしかできないとなればそこまで。宍戸CEOもシンガポールに住むとも思わなかったし、全米のトップレベルが狙えるとは思っていなかったが、ただ、毎日即決してそれを積み上げ大手企業の600倍のスピードで走り続けたとのこと。

世界で勝つためには世界で勝てるチームを創る。

これはこれだけ聞くと当たり前に聞こえるんですが、例として「甲子園で勝つなら甲子園で勝てるチームを創る」といえばわかるかも知れません。少なくとも、周りの友達や会社の人とは創らないですよね。甲子園で勝てるような野球の上手い人のチームを作ると思います。

最後に勝つために必要なのは、下記の3つであると。

情熱・スキル・考え方

情熱は「ガソリン」、スキルは「穴をどれだけ掘れるか」、考え方は「どこを掘るか」ですね。どれが無くても厳しいと。そうですね、この3つは心に染みますね。

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。by アインシュタイン

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事