「他にいくところがなかったんです」起業、生きるということ

投稿者:Goda George
2018/11/10 00:00

ジャックマーの「アリババ会長が早大生に訴えた「僕のようなクズは起業するしかない」」にはシビレました。また非常に共感できました。

事業機会と生計確立

起業には事業機会型と生計確立型があります。どちらかというと先進国では前者が多く、後者が発展途上国で多いと思います。日本ではアルバイト等もふんだんにありますので、そこまで生計確立型という形にはなりませんが、実質、事業機会型ではなく起業に至った人ってかなり多い(というか大半?)ではないかと思うのです。かく言う私がそうですので。とてもジャックマーの足元の更に足元にも及ばない私も多分、クズというのはおこがましいので、カスだから起業になったといえます。

全くどこも相手にしてくれない

前の会社がバイアウトになったのでちょっとトラックレコードもあり、これはベンチャーキャピタル(VC)にでもなるかと思ってそういう会社に入ろうとしたら、全く相手にされず。インキュベーター(当時はアクセラレーターというのはまだメジャーではなかった)に入れてもらおうとしたらこれも全く相手にされず・・・

いやー、ジョージさんはスペック高いので、とても・・どこでも引っ張りだこでしょう!?

という、断りを多数頂きまして・・・簡単にいえば「お前はいらない」ということです。「いやー、ウチのシンガポール拠点の拠点長に〜」とかいわれて、おお?っと思って、話をするとなしのツブテ・・・おっさんですし「お前はいらない」ってのを思い知らされました。皆様、社交辞令をありがとうございます。要は「カス」だったわけです。

失敗してもいくらでも会社紹介しますよ

前の会社で良くして頂いたVCの方(可能ならそのVCに入れてもらいたかった)に「ジョージさんなら失敗したらいくらでも会社とか紹介しますよ!」といわれて、おお?これはなんとかなるか?と思いましたが・・・

あ?今わかりました。これって、「お前はいらない」ってことをうまく言い換えただけだったのではないか?

・・と(そこまで悪くは考えてませんが、でも実質そうですよね)。

ということで、いろいろやりましたが、当時シェアオフィスだけの機能だった01Boosterと同時に思い出すだけで寒気がする「Weglo(=We are global・・・命名にも寒気がします・・)」という会社を立ち上げて見事失敗。お金も減り続けるし、なんとか01Boosterを事業化というところです(まだまだ途上ですが・・)。

武勇伝ではない

「耳元で神がささやいて、それを必死で追求して〜、幾多の困難を乗り越え」と武勇伝を語りたいですが、少なくとも私は違います。はっきりいいます。

他に行くところがなかったんです

これが実際。これが会社の規模にも何も関係なく、多くの起業されている戦友の皆様の一助になればと思います。

共に今日を生き抜きましょう

そうです。

アントレプレナーシップとは「生きること」そのものだからです

我々はもう一度その原点に立ち戻る時に来ていると思います。

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事