【01Blog】華僑の教えから起業を学ぶ。

投稿者:Goda George
2014/02/10 23:47
一生お金に困らない」という華僑の教えの本を読んでみました。起業系の人には使えそうな話が結構詰まっています。 戦乱が極めて激しかった中国。またそこから渡った人たちですから非常に現実派なわけです。ユダヤ系の方のお話も参考になりますが、華僑はまた違った趣を持つ傾向があると思います。いわゆる卸的なビジネス(いわゆる代理店系)が多い(少なくともこの本は)イメージですね。 起業の世界でもメンターという存在がありますが。メンターのことはこの本では「貴人」というふうに中国語では言うと紹介されておりまして、自分を輝かせてくれる人という意味のようで、なんともハラオチするものです。 これが正義だ!というのは特定の文化圏の中では通用するものですが、中国では戦乱で過去の正義が現在の悪に変わったりもするのでそのような理想的な考え方はせず、長い・短いといった2つの客観的な相対論でものごとを見る傾向がある。 また、基本的に中国系のビジネスがプラットフォーマ型なんですがなんともその意図が分かる気もしてます。小生的に一番参考になったのは「目的の目的を探る」ということでここから物を売るためのストーリを導き出すところでした。 起業系の人には参考になる本です。    
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事