【01Blog】戦術と戦略の違い

投稿者:Goda George
2015/04/10 21:06
戦略と戦術は分かり難い概念ですね。ここに少しまとめてみます。 戦略の階層はビジネスにも使える考え方です。戦略と戦術の違いはこちらなどにも解説があります。日本人の場合は比較的、抽象度の低い、戦術論に寄った議論をしがちの傾向があります。簡単にいえば各論に走りがちというところですね。 先日、真のプロダクトアウトというブログを記載しました。ちょうど、戦略は下記で言うところの「達成したい目的」に近いかと思います。一方で戦術は「個々の手段の勝ち方」に近いと思います。 01Booster 例えば、クリケットを日本で広げましょうと考えた場合、手段は無数にあります。有名人を使う、広告を打つ、ブログを書く、などなど。この中で、個別の勝敗を決めるもの、例えば、ブログのPV(Page View)を如何に伸ばすか?というのは戦術になります(SEO対策など)。しかしながら、仮に戦略の優れた競合が居た場合、ブログではPVで勝っても有名人の起用で一気に抜かれるかも知れません。このため、ここの戦術(今日目の前の事に勝てるかどうか?)の優越は必ずしも全体のビジネスの勝負を決めること(戦略)には直結しないと思われます。 戦略 フィクション系である。闘った後にどのような形にしていくか(起こっていない未来を考える)。抽象的が高い。具体的ではない。囲碁場や囲碁のトーナメントなどのルールを創る。コントロールする。20年後や先の話。 戦術 目の前の競争相手を考える。ノンフィクション系である。具体的である。強い囲碁のプレーヤーになる。勝敗を求めるようなこと。短期的。目の前の事をやる。結果を直ぐに出す。今。 ちょっと、Quoraにも聞いてみましょう。
戦略(Strategy)は何故(Why)それを実施するのか?戦術(Tactics)はどうやって(How)それを実施するのかの違いである。
とのこと。これもなかなか含蓄のある言葉ですね。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事