01Blog / 「Job to be done」を意識して顧客の気づかない課題の解決を

投稿者:Goda George
2018/08/13 00:00

JTBDに関してはこちらにまとめてあります(こちらも参考に)。

JTBDの振り返り

多くの場合、自分のニーズを顧客のニーズと勘違いしているケースが多いので、この「顧客は何を達成したいのか」を考えることはとても重要だと思います。

例えば、私の目の前に750mlのミネラルウオーターがあります。これを私は何のために買っているのか?

  • 喉がとても渇いているから? →すぐに思いつきそうですが「NO」
  • ダイエットのために水分補給を増やしているから →半分Yes
  • 一日に2リットル飲む必要があるので、大きめのサイズを買っている →Yes(私のJTBD)

ということで「ダイエットのために水分を多く取る必要がある人が500mlの小分けでは大変なので」といったところです。そうなると、水の種類や見栄えを変えても駄目で・・・

このような当たり前に見れる(※他人事だとよく分かる場合が多いが自分事になると難しい)顧客目線に立った顧客志向はなかなか意識することが難しいものです。逆に、誰もが「自分のニーズを顧客で解決したい」のです。不思議なものです。

顧客の気づいていない課題

この記事のコメントはとても参考になるので、ここにまとめておきます。

マーケティングとは顧客の問題解決で、イノベーションは顧客が気づいていない問題を解決したときのみ生まれ、顧客の気づいている問題を解決するのはすべて『リノベーション』である

顧客の気づいていない問題を解決したらイノベーション(ルールを変える)、顧客の気づいている問題を解決するのはリノベーション。確かに。

是非、顧客の気づいていない問題や、不十分にしか解決策がなかった課題、全く解決手段がなかった課題を発見して、新しいイノベーションを起こす人が増えることを願っております。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事