「やったつもり」や「分かったつもり」を考える

投稿者:Goda George
2018/08/29 00:00

我々はどんな位置にいるのか

なかなか難しい問題です。「シリコンバレーの日本企業が陥る、10のワーストプラクティス」は広く流通している話と思いつつ、なかなか変わりそうにはないところです。最近は深センなどの視察で同じような状況でしょうか。

とある深センにいる大手企業と連携しているベンチャー企業に話を聞いたところ、

中国大手企業と付き合うのはたいへんだ。動きが遅い。でも、まだ、やろうという意気込みがある。アメリカの大手企業?Much Slowerだ!

つまり、米国の大手企業は中国の大手に比べて(会社にもよるでしょうが)更に遅いというのです。では、日系は?と思いますが、これはこのあたりまでで。

やったふりというもの

少し古い記事ですが「シューカツから事業仕分け、円高対策に原発までなぜ日本社会では「やったふり」が横行するのか」に手厳しいコメントがあります。ただ、なんで「やったふり」で済むのか?に興味があるところです。すくなくともベンチャーで「やったふり」すると(そういうこともゼロではないでしょうが)潰れてしまいます。ここでは組織の硬直化というのが原因とされておりますが。「日本はなぜ「起業後進国」に成り下がったのか」も一つの考えですね。制度疲労というものとも思えます。戦後に構築されたシステムがそろそろ(前から?)厳しくなってきたとも思えます。

わかったつもり

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」というのも趣深いですね。ざっくりした内容はこちらに。なんとなくですが、まだまだ余裕があるのか?あるいは延命により余裕があるのか?(多分両方?)と思います。

成長することが正しいとも思いません。しかし、多分、延長線上に未来はないのでしょう。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事